スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親父を殺してもうた」29歳、弟乗せ追跡振り切り“死”の暴走(産経新聞)

 サイレンに追われながら逃走していた軽乗用車は、路線バスなど無関係の車2台を巻き込み、大破して止まった。大阪府枚方市の府道で22日朝、男女6人が死傷した衝突事故。車を運転していたのは、近くのマンションに住む斉藤隆さん(53)の長男(29)で、親子げんかの末に斉藤さんを刺殺後、車に飛び乗ったとみられている。事故直前は追跡するパトカーを振り切ろうと、信号を無視しながら暴走していた。

 「おやじを殺してもうた。おまえも来い」

 長男は22日午前8時前、別居している母親宅を訪れ、居合わせた弟(25)を軽乗用車に乗せた。その直後、駆けつけた警察官が職務質問しようとしたところ、急発進して逃走。衝突事故は、それからわずか5分後に起きた。

 「ドーンという音がしたので見に行くとバスが止まっていて、10メートルぐらい離れた場所に運転席がえぐり取られたような軽乗用車があった」。現場近くの男性(75)が話した。軽乗用車の右半分はバスの車体にもぎ取られ、白煙を上げていた。サイレン音が鳴り響き、周囲は騒然とした様子だったという。

 軽乗用車に乗っていた長男は全身を強く打ち、ほぼ即死の状態。同乗の弟(25)もけがをした。軽乗用車はバスのほかに別の乗用車も巻き込んで、けが人は計5人に上った。

 バスの運行会社によると、事故直後に運転手から無線連絡が入り、「パトカーに追われた軽乗用車がセンターラインをはみ出して、正面に向かってきた。かなりのスピードが出ていた」と話したという。

 一方、斉藤さんのマンション近くに住む主婦(38)は「付近は小学生の集団登校時の集合場所にもなっている。登校の際に警察官がたくさんいて、何だろうと思った」と話した。

【関連記事】
三田の女性殺害でおいを再逮捕 兵庫県警
富山の放火殺人 午前の犯行か
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕
息子夫婦をナイフで刺す 60歳父親を逮捕 警視庁
妻殺害容疑でバレロ選手を逮捕 ボクシングの元王者
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場(産経新聞)
「解決へ制裁強化を」=北朝鮮拉致で国民集会-東京(時事通信)
6年に1度の柱祭り 「杉の町」鳥取・智頭(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 国際賞授賞式に出席(毎日新聞)
首相「自分も長く続けたい」魁皇に顕彰授与(読売新聞)
スポンサーサイト

介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)

 ボランティアとして介護支援をする高齢者に換金できるポイントを付与する「介護支援ボランティア制度」の実施地域が急増している。同制度を新たに導入する市町村はこれまで、年間10程度で推移してきたが、今年度は全国で20程度に倍増し、全国の実施地域は50程度になる見通しだ。

 2007年に全国で初めて同制度を導入した東京都稲城市によると、08年度に新規に同制度を導入したのは、把握している範囲内で全国で11件、09年度は12件で推移しており、同年度末時点で約30の市町村が運用している。

 厚生労働省によると、介護支援ボランティア制度への問い合わせは、「一昨年までほとんどなかったが、昨年から急増した」(振興課)という。少なくとも7つの都道府県の中の市町村から問い合わせがあり、「今年以降は導入地域が急増する可能性が高い」(同)とみている。

 実際、今年4月に静岡県袋井市、福岡県篠栗町が両県では初めて同制度を導入。稲城市が把握しているだけでも、導入を検討している市町村が20程度あるという。また、静岡県が昨年行った同制度に関する調査では、袋井市を含む県内の16市町村が導入を検討していたことが明らかになっている。


【関連記事】
介護支援ボランティア制度開始、県内初―福岡県篠栗町
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明

小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
<女性遺体>ふ頭の頭部、諸賀さんと断定 福岡県警(毎日新聞)
郵便受け物色を専門、窃盗100件以上(読売新聞)
<東広島市議補選>「聞いたことがない」投票率1けた   (毎日新聞)
今朝は真冬並み…4月の気温乱高下(読売新聞)

大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)

 奈良市の平城宮跡で16日、復元された第一次大極殿の内部が報道陣に初めて公開された。花鳥画の第一人者で日本画家の上村淳之さん(77)=奈良市=が四神や十二支の壁画を描いたほか、儀式で天皇が着座した高御座(たかみくら)(高さ約7.5メートル)の実物大模型も設置されている。

 大極殿は奈良時代、天皇の即位など国家的儀式が行われた平城宮の中核的建物。文化庁が01年から復元整備を進め、当時の河合隼雄長官が上村さんに壁画制作を依頼した。

 上村さんは昨年10月ごろから、東西南北の天井と柱の間の白壁に、朱雀・玄武・青竜・白虎の四神や十二支を描いてきた。23日に大極殿完成記念式典があり、24日から平城遷都1300年祭の各種イベントが同宮跡で始まるのに合わせ、内部が一般公開される。

 この日はほかに、遣唐使船を復元展示し24日にオープンする平城京歴史館、疑似発掘や天平衣装を体験できる平城京なりきり体験館なども公開された。【阿部亮介】

【関連ニュース】
<関連記事>平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
<関連記事>よみがえる奈良の都/3 大極殿、朱雀門…平城のおもかげ再び
<関連記事>平城遷都1300年祭:古代の都ムード漂わせ 朱雀門開閉など衛士隊らが練習
<平城遷都キャラクター>愛称は「せんとくん」
<平城遷都民間キャラクター>愛称は「まんとくん」

21日に党首討論(時事通信)
北日本中心に暴風に警戒=低気圧発達、強い冬型に-気象庁(時事通信)
住友電工など4社に排除命令へ=課徴金、史上2番目160億円-光ケーブルカルテル(時事通信)
版権代は秘密「1Q84」5月に中国本土版(読売新聞)
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)

10歳で漢検1級!…最年少タイ、小5・西村君(読売新聞)

 難関として知られる日本漢字能力検定協会の1級試験に、相模原市南区鵜野森のLCA国際小学校5年、西村柚之介(ゆずのすけ)君(10)が最年少タイ記録で合格した。

 西村君は、1歳後半頃から漢字や記号に強い関心を示し始めた。才能に気づいた母親の由美さんが、文字や記号を使ったパズルを与えるなど手助けしたこともあって能力が開花。幼稚園年長組の6歳で漢字検定10級に合格し、その後もランクを上げて受験を続け、小学4年時の2月7日の試験で最難関の1級に合格した。

 同協会によると、これまでの1級合格の最年少は10歳で、西村君はタイ記録。さらに西村君は、成績優秀者に贈られる「特別賞・個人の部」にも選ばれた。

 1級の試験では、「薔薇(ばら)」「憂鬱(ゆううつ)」などの漢字の読み書きだけでなく、日常ではほとんど使われない熟語や動植物の名前なども出題される。覚えなければならない漢字は約6000、熟語は約1700にも上る。平均合格率は10%程度だが、一度合格した人が能力維持のため繰り返し受験するケースが多く、実質的な合格率は3~4%の難関だ。

 西村君の通う私立小は英語教育に力を入れており、教室でも英語が飛び交うが、画数の多い漢字を見ると、思わず手でなぞってしまうという。「漢字を覚えるのは楽しい。ほかの勉強で疲れた時は、漢字を練習して休み代わりにする」と話す。同級生からも「すごい」と祝福された。5万語を収録した漢字表を机の前に張って勉強を続ける西村君は、「将来は漢字博士になって、外国の人たちにも漢字の魅力を伝えたい」と夢を語った。

<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
<木落とし>急坂に熱狂 諏訪大社(毎日新聞)
<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
<2児死亡火災>意識不明の重体だった祖母も死亡 川崎(毎日新聞)
運転手と口論の客、タクシーに引きずられ重傷(読売新聞)

独禁法違反の課徴金、過去最高の360億円(読売新聞)

 公正取引委員会は7日、昨年度、独占禁止法違反事件で企業に納付を求めた課徴金の総額が360億6703万円で、過去最高となることを明らかにした。

 これまでの最高は2008年度の270億3642万円だった。

 公取委は昨年度、建材用亜鉛メッキ鋼板の価格カルテル(課徴金総額155億718万円)、テレビ用ブラウン管の国際カルテル(同42億5492万円)などの大型事件を処理。また、公用車の運転・管理業務をめぐる談合や、航空自衛隊のオフィス用家具をめぐる談合では官製談合を認定し、国土交通省、防衛省にそれぞれ改善措置要求を行った。公取委の松山隆英事務総長は7日、記者会見で「多様な分野でインパクトのある事件審査ができた」と語った。

<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
不明の常岡さん、アフガン北部で監禁か(読売新聞)
がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」(産経新聞)

「宝物探しに行こう」 小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし (産経新聞)

 「宝物探しに行こう」などと小学5年の長男(11)を誘い、見張り役をさせてゴルフ場荒らしを重ねていた男が、兵庫県警に窃盗容疑などで逮捕されていたことが29日、捜査関係者への取材でわかった。被害は兵庫と大阪、京都の3府県で104件、約1千万円相当に上り、県警はこのうち44件を裏付け、30日にも追送検する。

 逮捕されたのは、大阪府豊中市の無職、北村昭被告(39)=公判中。

 捜査関係者によると、北村被告は、昨年8月~10月、バールで窓をこじ開けるなどの手口で主にゴルフ場管理棟事務所に侵入、ゴルフクラブやボールなどを盗んだ疑いが持たれている。

 また北村被告は昨年夏、「宝物探し」のほか、「カブトムシ捕り」や「お化け屋敷へ行こう」と偽って深夜に車で長男を犯行現場まで連れていき、見張り役などをさせていた。

 北村被告は、昨年10月、同県西宮市内で自動販売機荒らしをしようとしたところを県警に現行犯逮捕され、余罪が判明した。

【関連記事】
父、長男、次男で2年間万引生活
「13歳なら逮捕されない」と後輩使ってひったくり 男子中学生2人を逮捕
小5長男に見張りさせゴルフ場荒らし 無職の父逮捕
会社ぐるみで泥棒? 容疑の9人摘発 札幌 
空き巣師弟お縄…70歳ベテランがテク伝授

首相動静(4月5日)(時事通信)
<将棋大賞>最優秀棋士賞 羽生名人が3年連続で受賞(毎日新聞)
出火件数、1270件減=09年火災概要-総務省消防庁(時事通信)
<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)

首相、内閣改造を否定 迷走に迷走…“閣”分裂(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日夕、首相官邸で記者会見し、「まずは閣内をまとめ上げ、党内の結束を高めていくことが大事だ」と述べ、内閣改造や党人事の可能性を否定した。首相は、内閣支持率急落について「深刻に受け止めるべきだと理解している」としながらも「進退は考えてない」と強調、参院選を見据えた政権運営に意欲を示した。だが、郵政改革法案などをめぐり閣内の足並みはなお乱れ、もはや閣内不一致どころか「閣分裂」の域に達している。(船津寛)

                   ◇

 「政治主導というが、どうもいろいろと不統一があるんじゃないか。そんなおしかりもいただいている」

 記者会見冒頭で首相が言及した通り、鳩山政権は26日も迷走を重ねた。

 「もう一度、全閣僚で議論したらどうか」

 26日朝、国会内で開かれた閣僚懇談会で、仙谷由人国家戦略担当相が郵政改革法案に異議を唱えた。亀井静香郵政改革・金融相はすかさず「幅広く議論するのは結構なことだ。ただ、政策決定したプロセスまで元に戻すのはできないんじゃないか」と応戦、緊迫した空気が漂った。

  ◆閣僚同士が火花

 郵政改革法案をめぐっては亀井氏と原口一博総務相が24日に記者会見で、ゆうちょ銀行の預入限度額を2千万円に引き上げることを柱とした法案骨子を発表。これに仙谷氏が「報道で初めて知った。閣内で議論になっていない」と反発していたが、閣僚懇談会で再び2人が火花を散らしたことはその間に首相官邸が何の調整機能も果たしていなかったことの証左といえる。

 首相は「すべての閣僚が参加する形で意見交換して議論しよう」と論争を収束させようとした。亀井氏は「いままでのプロセスを前提にした話ですな」とクギを刺すのを忘れなかった。

 法案の抜本的修正を求める仙谷氏と、「決着済み」とする亀井氏。2人の溝は、閣議後の記者会見にも如実に表れた。

 仙谷氏「全体的な懇談会を開くので、そこで議論することになった」

 亀井氏「協議じゃなく懇談をする場だ」

 首相は30日に全閣僚を集めて懇談し、結論を出す考えのようだが、「ざっくばらんに意見交換をする場を作る」(平野博文官房長官)だけならば事態は収拾できそうもない。

 昨年9月の発足以来、鳩山政権は数々の閣内不一致を露呈してきた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題、外国人の地方参政権、経済対策…。いずれも閣僚がそれぞれ持論を述べ、混乱を招いた。

 しかも混乱に拍車をかけているのは、ほかならぬ首相だ。八方美人的な言動は閣内の疑心暗鬼をあおってきた側面は否めない。

 郵政法案の骨格についても首相は亀井氏から事前に電話で報告を受けていたことを自ら明らかにしている。問題はその際、亀井氏の説明を首相が「了承」していたかどうかだ。

 首相は25日、「私が了解したと伝えられているが、実際には了解でない」と記者団に説明したが、亀井氏は「首相に了承されたから決めた」と反論。すると首相は26日の記者会見で「(了承したかどうかの)水掛け論の話の中に入るつもりはない」と自らの“責任”を棚上げしてしまった。

 米軍普天間飛行場の移設問題でも似たような現象が起こっている。

 「県外で頑張りますから…」。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相によると、首相は国外・県外移設を主張する福島氏に複数回にわたってこんな言葉をかけているという。にもかかわらず、26日の記者会見では「交渉ごとなので機密性が守られなければ交渉も進められない」と移設先の公表に難色を示した。

 ◆押さえ込めず

 求心力を失いつつある鳩山首相は、閣僚たちの遠心力を抑えることができない。民主党の平田健二参院国対委員長は現政権の顔ぶれを思い浮かべながらこうぼやいてみせた。

 「自分が聞いてないとか、気に入らんといろいろ言う人たちばっかりの集まりだから…」

“花見商戦”異状あり 「室内型」「アレンジ型」増加?(産経新聞)
<震度計>26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測(毎日新聞)
学力テスト事業参入、文科省の対応が障壁に(読売新聞)
リアルな設備で運転士体験=鉄道博物館に新シミュレーター-さいたま(時事通信)
恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。