スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イラ菅」炸裂 就任4日目で我慢の糸プチッ(産経新聞)

 菅直人首相は11日、首相官邸でのぶら下がり取材で、記者団の質問に不快感をあらわにし、早くも短気な性格から「イラ菅」と呼ばれてきた本領を発揮した。

 記者団から、今国会の会期を延長しない方針をめぐり、野党側から「逃げている」と批判されていることを問われると首相の表情は一変。「何の批判ですか?」「なぜ批判が出ているのですか?」と4回にわたり、記者団を“追及”した。

 さらに、所信表明演説に具体性がなかったと指摘されると「全部聞いてました? もっと大変なことを申し上げたつもりなんですけど」と怒気を強めた。

 国民新党の亀井静香代表が金融・郵政改革担当相を辞任したことで鬱憤(うつぷん)がたまっていたためか、首相就任からわずか4日目にして我慢の糸が切れたようだ。

【関連記事】
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」
【視点】所信表明演説 「反省」なき現実路線
首相所信表明は「反省なき再出発」現実路線は打ち出す
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
世論調査は信用できるか…透明性の確保が大事
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<電子書籍>市場に変化 紙に代わる価値生む?(毎日新聞)
民主が活動費不足分を支給 6候補と静岡県連に(産経新聞)
太蔵氏、巣鴨で“地蔵遊説” 参院選へ高齢者に訴え(スポーツ報知)
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
ナンバー2席に亀井郵政相=菅内閣の閣僚席次(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。